タイムレコーダーの時刻管理と勤怠管理について

タイムレコーダーには、カードに時間を打刻するタイプ、接続されたハードウェアにICカードをかざす事で、時刻情報とICカード情報を保存するタイプなどが在りますカードに時間を打刻するタイムレコーダーは従来から存在しているタイプであり、ICカードを利用したタイムレコーダーは比較的新しいタイプで、最近はICカード以外にも生体認証を利用したタイプも登場しています。

タイムレコーダーは勤怠管理に必要とされる出社と退社の管理を行うためのOA機器の一つであり、出社と退社の時刻を正確にカードなどに打刻することが必要となります。

NAVERまとめ情報のご紹介です。

アナログ式、デジタル式などの時計が内蔵されているもので、時刻の遅れや進みなどが生じる事で正確な勤怠管理を行う事が出来なくなるため、管理を行う場合には定期的な時刻のチェックが必要となります。



仮に3分進んでいれば、9時出社の会社の場合、実際の時間が9時3分での場合でも、その時間に打刻を行った時には遅刻にならなくなります。

逆に6時退社の会社の場合、6時から残業の扱いになっていて、30分単位の残業が付く会社では、6時30分まで残業することで30分間の残業手当がつくことになり、仮に3分遅れている場合、実際の時間が6時27分になっていても打刻された時刻が6時30分になるため30分の残業が付くことになり、正確な勤怠管理が行われなくなってしまうわけです。

タイムレコーダーのことならこちらをご活用ください。

このような事からも、タイムレコーダーの時間が正確になっている事を確認する事も勤怠管理には大切な仕事の一つでもあるのです。

Copyright (C) 2016 タイムレコーダーの時刻管理と勤怠管理について All Rights Reserved.