タイムカードの必要性

ブラック企業という言葉に馴染みがでてきた今日この頃、タイムカードの役割はとても大きくなっています。

タイムカードがあることで就業時間や残業をきちんと計算することができるからです。
例えば飲食店などでは制服がある会社ですと、着替える時間も就業時間に入るので、店に来た時にすぐにタイムカードをきる必要があります。

NAVERまとめの補足説明を致します。

30分単位、15分単位、5分単位、1分単位と時給計算はさまざまですが、きちんとこまかく計算することで働いた分の給与を正しく貰うことができますし、給与を払う側も無駄を省くことができます。

そして労働基準局からの監査が入ったとしても、従業員の労働時間を正しく計算しているという証拠になります。
個人企業では導入されていないところが多いタイムカード制ですが大手企業などでは当たり前に導入されています。


それは上記の理由があるからです。

労働基準法、就業規則、雇用契約は交通ルールのようなもので、誰かが守らなければ必ず事故が発生します。企業側はコストだと思うかもしれませんが、赤信号で停止することが難しいことなのか、と、考える必要があります。



信号を守ることが難しいと思うことはないはずです。

それによって道路を使う人達の安全が守られているのですから、ですから、タイムカードを使用するということは、労働者、企業側双方を守ることになりトラブルをさけるために大きな役割を担うことができるのです。

タイムカード情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

ブラック企業からホワイト企業へと変身するためにはまず、正しい労働時間管理が必要となってくるのです。

Copyright (C) 2016 タイムカードの必要性 All Rights Reserved.